So-net無料ブログ作成
検索選択

「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 (産経新聞)

 コンビニエンスストアから現金を奪ったとして、警視庁中央署は、強盗の疑いで、米国籍の自称ビジネスコンサルタント、マッキース・ロバート・ブルース容疑者(41)=東京都中央区湊=を逮捕した。同署によると、マッキース容疑者は日本人の妻に付き添われて出頭し、「生活費がほしくてやった」と容疑を認めている。

 同署管内で昨年10月に起きたコンビニ強盗未遂事件の容疑者とマッキース容疑者の特徴が似ていることから、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は、27日午後8時40分ごろ、同区新川の「am/pm新川2丁目店」で、レジ内にいたアルバイト店員の女性(28)に包丁を突きつけて「レジ、オープン」などと言って脅し、売上金13万7千円を奪ったとしている。女性にけがはなかった。

 同署によると、マッキース容疑者は奪った金を持っていたポリ袋に入れて逃走したが、同日午後11時過ぎに出頭してきたという。

 マッキース容疑者は約6年前に結婚したのを機に、日本に定住。エンジニアとして働いていたが、勤務先が倒産したため、現在は週に1回、自宅で英語を教えていた。収入は月2、3万円程度だったという。

【関連記事】
聞かなければ… 米コンビニ強盗、警官に道尋ね
カラーボール塗料付着の男を逮捕 コンビニ強盗に関与か
ファミマ狙い?未明、また和歌山でコンビニ強盗
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う 和歌山
コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪
あれから、15年 地下鉄サリン事件

大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
遺体取り違え解剖=公表せず−東京都監察医務院(時事通信)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)

郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)

 亀井郵政改革相らがまとめた郵政改革法案の最終案をめぐり、政府内では25日も見直しを求める声が相次いだ。

 これに対し、郵政改革相は、最終案は鳩山首相の了承を得て発表したものだと説明した。政府内の意見集約は時間がかかる可能性が出てきた。

 郵政改革相は25日午前、最終案について、「(首相に)了承されたから発表した。鳩山内閣の一員だから、首相の意に反した発表なんかしない」と述べ、「首相が了承済み」であることを強調した。都内で記者団の質問に答えた。ただ、「与野党問わず、国民からも、より良いものにするために意見は聞く」と述べ、議論には応じる意向を示した。

 ゆうちょ銀行への預入限度額を現在の1人当たり1000万円から2000万円に引き上げるなど、最終案の骨格部分の修正については、「今、法案を作っている最中だ。昨日はその中の基本的な部分、考え方を出したわけだ」と述べた。

 これに対し、仙谷国家戦略相は25日午前、内閣府で記者団に「これは内閣全体の問題だ。もっとオープンな形で議論を尽くさないといけない」と述べ、全体的な議論が必要だとの考えを示した。

 古川元久内閣府副大臣も同日午前、内閣府で記者団に「限度額引き上げがいいのかどうか、相当慎重に議論しなければいけない」と述べた。副大臣は、論点として、〈1〉ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は貸し出しのノウハウがなく、増えた資金をどう運用するのか〈2〉ゆうちょ銀行だけ事実上ペイオフの限度額が2000万円まで上がる〈3〉民主党は郵政改革で金融分野を縮小する方向性を決めた――などがあると指摘。「3点について十分議論され、説明が尽くされたのか、大きな疑念がある」と述べた。

 平野官房長官は同日午前の記者会見で、最終案について「あくまで担当大臣の考えとして案を出したということだ」と述べ、今後、政府内で議論する方針を示した。そのうえで「民業を圧迫することなく、公正な競争を前提に亀井大臣が検討していると思う」と指摘。郵貯限度額引き上げなどをめぐって民間金融機関が反発していることを念頭に、郵政改革相の動きをけん制したものと見られる。

 郵政改革法案の最終案は郵政改革相と原口総務相が24日に発表したが、戦略相や菅財務相が「閣内での議論が不十分だ」と異論を表明した。背景には、ゆうちょ銀行などの肥大化に対し、民間金融機関の警戒感が強いことがあるとみられる。今回の見直しが日本郵政の収益強化につながるかどうか、疑問視する声も根強い。

出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒(スポーツ報知)
「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝−中井公安委員長(時事通信)
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
<掘り出しニュース>ハッチの第5子はタッチです!(毎日新聞)
容疑の都立高教諭を逮捕=口論男性殴り、現金奪う−警視庁(時事通信)

自民、25日にも両院懇開催=執行部刷新は重ねて拒否−谷垣総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は18日午後の記者会見で、党の運営や基本政策を議論するため、25日にも両院議員懇談会を開催することを明らかにした。同氏は党内の混乱を沈静化させ、夏の参院選に向け結束を図りたい考え。しかし、執行部刷新論は強まっており、求心力低下に歯止めが掛かるか不透明な状況だ。
 谷垣氏は会見で「今必要なのは現行の人事の見直しよりも、参院選を党一体で戦うための体制の大幅な強化だ」と述べ、与謝野馨元財務相らが求めている執行部交代には応じない考えを重ねて強調。体制強化策に関しては「懇談会を踏まえ、わたしの責任で決めたい」と述べた。若手が主張しているシャドーキャビネット(影の内閣)の設置なとが念頭にあるとみられる。
 懇談会は3日間行い、全面公開とする。1日目は党の在り方、2日目と3日目は憲法や外交・防衛政策、税制抜本改革などを議論する。党大会に次ぐ議決機関である両院議員総会でなく、懇談会形式としたのは、執行部退陣を求める動議提出など不測の事態を避ける狙いがある。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

首相動静(3月18日)(時事通信)
喜多方ラーメン 商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
<放火>暴力団幹部に無罪判決 奈良地裁「証明不十分」(毎日新聞)
小平のリンガーハットに強盗、10万円奪い逃走(産経新聞)
国税局、監視委と反対の判断…ビックカメラ決算(読売新聞)

<都議会>性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意(毎日新聞)

 漫画やアニメなどで18歳未満として描かれている子供やキャラクターの性描写を規制する東京都青少年健全育成条例改正案について都議会の民主、共産、生活者ネットワーク・みらいの3会派は18日、継続審議とする方向で合意した。「表現の自由を損なう」として漫画家や出版業界が改正案に強く反対しており「時間をかけた審議が必要」との認識で一致した。

 改正案は19日の都議会総務委員会で採決予定だが、3会派で過半数を占めるため、可否の結論は持ち越される見通しになった。

 改正案は「ランドセルを持っている」など18歳未満であることが意図されているキャラクターを「非実在青少年」と定義。「性交や性交類似行為を肯定的に描写」し「子供の性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあるもの」に対し、18歳未満への販売や貸し出しを自主規制するよう求めている。このうち「強姦(ごうかん)など著しく社会規範に反する行為」を描写したものは、18未満への販売や貸し出しを禁じる不健全図書等の指定対象にするとしている。

 また、児童ポルノの所持については「何人もみだりに所持しない責務を有する」との単純所持規制を盛り込んだ。罰則はない。

 改正案に対し「創作活動に行政の恣意(しい)的な介入を招く」などと著名な漫画家らが反対意見を表明。16、17の両日に都議会局に寄せられた意見メールは約4000件に上ったが、反対意見のほうが多かった。

 18日の総務委では3会派から「改正案は拙速だ」などの主張が相次いだ。自民、公明両党は「悪質な漫画を子供に見せるべきでないというのは普通の感覚だ」などと改正案を支持した。【鮎川耕史、真野森作】

【関連ニュース
日本ペンクラブ:児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明
掘り出しニュース:新商品、ランドセルをかたどったケーキ
都青少年健全育成条例:改正案 漫画、ゲームなど性描写の規制強化
リビングで子どもを勉強させたい。
新商品:ランドセルをかたどったケーキ−−ホテルアソシア静岡 /静岡

ゾルゲ事件、資料公開へ 取調官の遺品数千点(産経新聞)
外国人介護士受け入れに意欲=鳩山首相(時事通信)
神奈川労働局長、キセルで懲戒処分(産経新聞)
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決−横浜地裁(時事通信)

小沢戦略、吉か凶か…「新人」活用「高齢化」進む(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が、夏の参院選で過去最多の100人超の候補者擁立を目指し、着々と調整を進めている。

 小沢氏は、組織票が期待できる候補と、若さを武器に無党派層への浸透を目指す候補者を周到に選挙区や比例に配置。党内では「強い自民党時代を仕切った小沢氏ならではのやり方だ」と評価する声が上がっている。ただ、弱点も浮かび上がっている。

 小沢氏は11日夕、国会内で新党大地の鈴木宗男代表と会談し、参院選での選挙協力について意見交換した。小沢氏は鈴木氏に「全国をびっしり歩いているんだ」と述べ、地方行脚の手応えを強調したという。

 小沢氏は、3日に参院選の1次公認87人(ほか推薦2人)を発表した後も、山形、愛知両県を訪ね、公認候補を相次いで決めた。

 民主党は最終的に105人前後を擁立する方針だ。昨年の衆院選大勝によって支給される豊富な政党交付金が、改選数(121)に迫るほどの候補者を擁立できる背景にある。

 山岡賢次国会対策委員長は11日のBS11の番組で「ほとんど穴のないぐらい候補者をそろえた。負ける要素はない」と強調した。

 小沢氏の候補者の選出手法には特徴がある。2人区の北海道宮城、兵庫では、組織票を持つ候補者に、30、40歳代の女性新人候補を組み合わせ、支持層が重ならないように配慮した。女性候補は過去最多となる見通しだ。自民党の基盤が強い1人区の福井鳥取、島根では、組織票では勝負にならないと見て、いずれも30歳代の新人候補を対決させる。民主党選対幹部は「相手の弱点を徹底して突くということだ」と解説している。

 もっとも、「小沢流」も盤石とは言えない。読売新聞の調査では、民主党が11日までに擁立を決めた公認候補89人の平均年齢は53・2歳で、07年参院選の50・8歳より「高齢化」した。60歳前後が多い連合の組織内候補11人に加え、「自民離れ」で民主党に流れた業界・団体の幹部が比例名簿に名を連ねた影響があるようだ。若返りを狙う自民党の公認64人の平均は51・7歳だ。

 一昨年、マルチ商法業者からの講演料問題で離党した前田雄吉・元衆院議員を比例で公認したことに、党内では「いくら小沢氏に親しいといっても、有権者の不信を買うのではないか」と見る向きもある。前田氏はかつて小沢氏を支持する一新会の事務局長だった。

 小沢氏は11日、国会内で、夏に改選となる愛知選挙区の木俣佳丈参院議員と会談し、比例転出を求めたが、木俣氏は選挙区にこだわりを見せた。小沢氏は「木俣氏では勝算が低い」(小沢氏周辺)と見て、既に愛知で2人の候補を決めており、「剛腕ぶり」があつれきも生んでいる。

<山口彊さん偲ぶ会>長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
「ヨガ教師受け入れて」 日印EPA交渉(産経新聞)
<沖縄密約>無利子預金調査 説明責任、果たせず 行政のずさんさ露呈(毎日新聞)
夫婦別姓、反対が55.8%=外国人参政権も賛成少数−時事世論調査(時事通信)
<野焼き>炎燃え広がり、一時国道通行止め 京都・伏見(毎日新聞)

決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)

 民主党は10日、経営破綻(はたん)した日本航空の問題を調査する「日本の空を考えるプロジェクトチーム(PT)」(座長・桜井充参院議員)を発足させ、国会内で初会合を開いた。粉飾決算の疑いを調べた上で、過去に自民党政権下で日本政策投資銀行などが実施した日航向け融資の是非も検証。来月中に結果を取りまとめる方向だ。
 日航をめぐっては、麻生前政権が昨年6月、政府主導で政投銀や3メガバンクによる1000億円の協調融資を決定。日航が会社更生法を申請したため多くが焦げ付き、政府保証などの形で税金投入が避けられない事態となった。同PTは経営実態を正確に把握できていれば国民負担を避けられた可能性があるとして、過去の決算が適切に処理されていたかを調べる。 

学士院賞 iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)
三笠宮さまが入院(時事通信)
「市」786、初めて「町」757上回る(読売新聞)
<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)

自民、条件付きで政治資金与野党協議会に応じる意向(産経新聞)

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長が9日午前、都内のホテルで会談し、自民党の大島理森幹事は、民主党や公明党が求めていた政治資金のあり方をめぐる与野党協議会について、条件付きで4月1日から応じる考えを示した。

 大島氏は、国会議員による秘書の監督責任の強化など、公明党が従来求めていた主張については協議に応じる意向を表明。しかし、民主党が求める企業・団体献金の禁止については「『政治とカネ』をめぐり、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長が説明責任を果たすことが先決だ」として、当面協議の対象から外すよう求めた。

 自民党は10日にも開かれる与野党国対委員長会談で、こうした条件が受け入れるかどうかを見極める考え。

【関連記事】
北教組“ヤミ協定”交渉で道教委突き上げ… 逮捕の組合幹部も参加
菅氏、政治資金説明責任で「小沢氏は不十分」
小沢氏「潔白宣言」に疑問
再び北教組の深い闇 「校長交渉」などあり得ない!
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

北教組突き上げ交渉 「帰省中でも自宅研修」 破棄項目復活ごり押し(産経新聞)
<裁判員裁判>裏切られた 保護観察中に窃盗(毎日新聞)
気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
愛子さま、5時限目に登校(時事通信)
<福岡県接待疑惑>中島前副知事が接待認める 県調査委に(毎日新聞)

支持率続落で首相「民主らしさ見えないから」(読売新聞)

 鳩山首相は8日午前、読売新聞などの最新世論調査で内閣支持率が続落したことについて、「『政権交代したのに、民主党らしさが見えてこない。前と変わらないじゃないか』という思いが国民に広がっていると、厳しく受け止める必要がある」と述べた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 民主党内の一部に政権浮揚のために内閣改造を求める声があることについては、「内閣改造は今、考えていない」と否定した。

 今後の対応としては、「(2010年度)予算を上げ、マニフェスト(政権公約)に示した政策を実現することは基本として大事だが、それだけにとどまらず、国民の批判を正面から受け止め、打開策を考えていく必要がある」と語った。

傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行−兵庫県警(時事通信)
政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
核テロ脅威、明文化へ 安全保障サミット 対北・イラン圧力強化(産経新聞)
<気象庁>データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港(毎日新聞)
皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)

【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)

 昨夏の政権交代という「熱狂」が世間的にもようやく冷めた。男女関係と同じで、一度冷めれば、嫌なところばかりが目につく。

 「で、どうするの?」

 小学生の長男に聞かれてドキッとした。「うちは3人でしょ、子供。3人分でしょ、子ども手当。そのお金どうするの」

 小学生の言葉は「子ども手当はボクらのお金」という空気で満ちている。子ども手当はゲームになるか、それとも寿司(すし)に化けるのか。学校でも「使い道」が話題沸騰中のようだ。

 「いいの、そんなこと。水泳教室でなくなっちゃうでしょ」。政治部デスクより、母の方が理論武装している。

 政権交代を生み出した「直接給付」が、家族に対立を生み出すとは…。「子ども手当が父のたばこ代に流用されると疑っているのだろうか」。父も長男を見つめる。

 「政権交代さえすれば何でもできる」という期待感も冷めた。

 テレビで芸能人が「そんなに簡単に財源なんて出るの。できなかったらどうするの」とからかい、「大丈夫、民主党ならできる」と若い民主党議員が大見えを切ったのも1年前だった。「官僚が抵抗しているだけ。政治家が査定すれば20兆円くらい、すぐに出せる」。そう聞いた気もするが、実際に台所を預かれば、そんなに簡単にお金は削れない。きっぷの良さが売りだったのに「足りないから消費税、その前に所得増税」なんて番頭顔も板についてきた。

 横町のご隠居なら、こう言うかもしれない。「1年前をよく思いだしてごらん。昨年8月。衆院選直前の世論調査だよ」

 当時、確かに麻生太郎首相(当時)より、鳩山由紀夫首相の方が人気はあったが、無党派層に限れば、47%は「2人を比べても、どちらが本当に首相にふさわしいかは分からない」と冷静だった。

 今、無党派層はどんな心境なのだろうか。

 2月上旬に産経新聞がFNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施した世論調査。参院選の投票先は全体では民主37%、自民23%と差があるが、無党派層だけをみると民主21%、自民19%と差は2ポイント。「分からない・言えない」が28%もいた…。

 熱狂は冷め、世論は立ち止まった。どこに向かうのか。どこに向かうべきなのか。

 参院選まで4カ月余。政権交代を報じたわれわれが、また選挙に立ち向かう瞬間が近づいている。(副編集長 金子聡)

阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)
マイルもたまる、単身者向け「引っ越し」お得プラン(産経新聞)
30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波−気象庁検討会(時事通信)
「こも外し」 島根の足立美術館(産経新聞)
原口総務相が勉強会=民主1年生議員向け、政策能力強化へ(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。